akippaを導入できる場所

akippaを導入できる場所は様々です。このページではその一例をご紹介いたします。

個人・自宅駐車場

個人・自宅駐車場日中は仕事で空いている、車は手放してしまったので駐車スペースが空いている、など様々な理由で個人宅駐車場が空いていることがあります。
そんなスペースを有効活用することで、家計の足しやおこずかいにすることができます。
また時間指定もできるので、10:00~17:00まで、と言った貸し方も可能です。

空いている月極駐車場

空いている月極駐車場入居者が決まっていない月極駐車場はそのままでは何も生まないスペースですが、akippaに登録しておくことで次の入居者が決まるまでの間、収益化することが可能です。
もちろん入居者が決まれば、いつでもakippaでの貸し出しをやめて(※1)月極として稼働させることができます。
※1 ただし、先に予約がない場合。予約可能日数は14日か30日と選ぶことができます。

空き地・更地

空き地道路からのスムーズに車で入場ができ、砂利が撒かれているようなタイプであればakippaを導入することができます。
オーナー様のほうで虎ロープなどで簡単に車室を作って導入することも可能ですが、土地の図面があればakippaが最適なレイアウトをご提案することも可能です。
※ぬかるみやすい土のみ、草が伸び放題など利用者の自動車に影響が出るような状態の場合は導入できない場合もあります。

マンション・アパートの空き駐車場

近年、マンション・アパートの空き駐車場問題が深刻になりつつあります。
そのようなマンション・アパートの空き駐車場もakippaなら有効活用することができます。

店舗・オフィス・商業施設の駐車場

店舗・オフィス・商業施設の駐車場休業日や閉店時間などスペースが空きっぱなしになっていることがほとんどですが、そのようなスペースをakippaに登録することも可能です。
また大きな駐車場を作ってしまったものの、閑散期はそれほど利用されない駐車場なども導入可能で、予め分かっている繁盛期やイベント時にはストップすることで無駄なく使うことができます。

建築中の工事物件の駐車スペースや空き地

建築現場建築中の工事物件で駐車スペースはあるのにそのまま放置しているパターンが多く見られます。
駐車スペース部分をakippaに開放することで建築中の土地も無駄なく活用することが可能です。

コインパーキング

コインパーキングゲートのないフラップ式(跳ね上げ板)のコインパーキングであれば、設定で機能を解除することができるので、設備はそのままで導入して頂くことが可能です。
(解除のために別途費用がかかる場合があります)
すでに機械を導入してしまっているものの稼働率が悪い場合は一度akippaを利用してみるのも手です。

以上、原則として車1台分のスペースがあれば導入可能です!

 

導入できない場所借用している土地
たいていの場合、借用契約に又貸し禁止の項目があります。
そのような店舗の場合、休日に貸し出したい場合は土地所有者との交渉が必要になります。
“無人”ゲート付き、機械式の駐車場
現状のシステム的にゲートを開ける手段やトラブルがあった際の問題などで導入することができません。
※これまで、システム的問題で無人ゲート付きコインパーキングではご利用いただけませんでしたが、本年度akippaでは業界初、この問題を解決する「シェアゲート」を開発いたしました。使用をご希望の場合は、お問い合わせください。

 

上記の場所を使った広がる特別な活用方法

建設現場、訪問事業者(宅配・介護事業者など)をターゲットに

建設工事では作業員の方が車で来られますが停める場所がないケースが多々あります。
また病院や生鮮食品の配達、訪問事業者なども路駐によるリスクを避けるために、確実に予約して停められるakippaを活用している事例があります。

観光地、スタジアム、会館、商業施設の周辺などの立地を活用する

観光地周辺、スタジアム、会館、商業施設など人が集まる場所ではそれだけですでにニーズが生まれていますのでそもそも有利です。
それで空きっぱなしにしているのは損をしていると間違いなく言えるでしょう。

学校回りも需要あり

学校回りはサッカーや野球の試合、PTAの集会など、親御さんがかなりの頻度で利用されます。
なぜなら荷物などがあるため車で行きたいのに、駐車スペースの取り合いになるため、車での来場は控えるようにと言われていることが大半なのです。
その点akippaなら予約して停めることができるためそのような問題が解決します。

地方でリスクなし時間貸し駐車場化

地方などでは、機械式駐車場など投資回収が困難な場合が多いため、最初からakippaでの運営の方も増えています。
設置物がないためコストもかからず、リスクなしで時間貸し駐車場化することが可能です。

akippaサイトに掲載されることによる広告効果

akippaサイトは、70万人の駐車場の予約利用者がご覧になられています。
利用者は地図で探すため、大通りに面しておらず入り組んだ位置にある駐車場でも、稼働させることが容易になります。

投稿日:2018年5月17日 更新日:

お問合せフォームはこちら お申込みフォームはこちら
資料ダウンロード

Copyright© akippa 駐車場登録 申込専用サイト , 2018 All Rights Reserved.